>  > 自信をくれる風俗嬢でした

自信をくれる風俗嬢でした

とっても優しい風俗嬢でした。Kさんはまだまだ若いのに、包容力抜群。ああいった包容力って普通は人妻とか熟女から感じるものですけど、彼女はまだまだ若いのに包容力抜群でした。そのおかげで優しい雰囲気の中で楽しむことが出来ました。さらに彼女、こちらが気にしていることもフォローしてくれたんですよ。自分はモノが小さいって思っていたんです。でも彼女は「大きいよ」みたいな。風俗嬢のお世辞だってことくらいは分かっているんです。それでもやっぱり言われて嬉しくない訳はないんですよね、男として(笑)男なんて単純なものじゃないですか。少し褒められたらそれだけで気分は高まるものなんです。それで彼女とがっつり楽しむことが出来て、ただ単に快感だったってだけの話ではなくて、男としてとても大切なものが満たされたんじゃないかなって思っています。あれだけ優しくて包容力のある美人風俗嬢だったんです。当分忘れられないんじゃないかなって。

無意識なのかもしれない

風俗を利用するのは無意識なのかもしれません。本当にふと利用しているケースが多いんですよ。これは環境の問題もあるかもしれません。なぜなら会社と通勤で利用する駅の間に風俗店があるんですよ(笑)男にとってはある意味最高の環境かと思いますが、そのおかげで毎日誘惑されているようなものですよ。お金がない、時間がないといったように自分に対してのブレーキが作動する時はスルー出来るんですけど、利用を阻害する理由がないシチュエーションの時はどうしても利用したくなってしまうんですよね(笑)それこそ本当に無意識でお店に突入するケースさえあるので男の本能には勝てないなと。でも、そうして無意識の中で風俗店に入っても楽しめるのが風俗の素晴しさでもあるんじゃないかなと思うので、嫌いじゃないんですよ。それに一店舗だけじゃないんです。そこそこいろんなジャンルがあるので気分によって変わりますので、本当に無意識でお世話になっていますよ。

[ 2017-05-17 ]

カテゴリ: 風俗体験談